フェアアイル柄ニットって使いにくい?

メンズファッションで秋冬に見かけるノルディック系の柄と同じくらい、王道なものというと、フェアアイル柄のニット。
これってスコットランドの北部での伝統的なデザインのようですが、世界的にも広がっているものだなと思えます。
結構毎年、秋冬ファッションに見かけるものですよね。
けれど、コレの着こなしって何だか、難しそうだななんて思えてしまうものです。
色使いもべージュに紺・えんじ系の色合いなので、カラフルなような地味なような……けれど奇抜過ぎずにどちらかと言うと落ち着いた雰囲気が出てるもの。
確かに何をどうやってアワセればいいのか困ってしまいそうですね……。
季節感を意識したオシャレなアイテムかも知れませんが、もしも1歩間違えてしまえばちょっとだけおじさん臭くなっちゃうかな? なんて思えてしまうアイテムかも知れません。
そこで大事なのでは? と、思えるものはやはりアワセや着こなし。
このフェアアイル柄のニットの着こなしは襟付きのカラーシャツなどとアワセをするととても相性がいいようです。
またボトムスにはジーンズなどでカジュアルにも、黒いチノパンを履いてシックにキメてもOKとのこと。
そう考えると普通にキレイ目系ファッションの上にざっくり羽織るだけなのでそこまで難しくないようにも思えてしまいますね♪
是非秋冬のファッションの参考にフェアアイル柄のニットもチェックしてみるのも良さそうだなと思えますね。ベストなどとなれば、今年トレンドのフレッピースタイルにも似合いそうだなと思えます♪

ニュアンスカラーの美しい靴が欲しいな

欲しいなー!と思っているファッションアイテムに、「黒と茶色以外の靴」があります。今年の秋こそコーディネートに加えたら気分沸き立つんじゃないかな?
靴と鞄は同色にするのが全身に統一感を出すコツ、と以前にどこかで読んでから、洗脳された気味があり(笑)持っている鞄に合わせて黒と茶系の靴しか買ったことはなかったんです。革の編み上げ靴が好きなので、そんなのばっかり持ってます。
でも、灰青色のフェルト、紺色の革、濃い赤や緑など色彩豊かな靴って沢山ありますよね。特に秋は、ニュアンスカラーが多く出る季節。服と合わせるのも忘れて、靴の単品買いしてしまう危険率が高い季節です(笑)
革の質が良ければ良いほど、染めの発色が美しく、色々な角度から光が当たるごとに輝きを見せる。個人的にはイタリアと英国のものが最高だと思ってますが、国内メーカーでもそんな美しい靴が増えてきました。そして大抵、良い靴は紐まで手が込んでいます。
足元が普通の黒靴、茶靴でなく、ハッと目を惹く美しさ。靴を主役に、服などの全身の方は色味を抑えたファッションでも良いかも知れませんね。着こなせたらすごく粋だと思います。
私を筆頭に、日本人はどちらかというと胴長短足傾向。足元にあまりにアクセントを置き過ぎてしまうとちょっとアンバランスで残念な印象の方もあります。明るい色より、秋冬物で出るダークカラー系の靴で、色味に挑戦してみるのが良いんじゃないかと思ってます。