通販サイトの処分セールでお得なお買い物

毎年、今頃の時期は、よくネット通販を利用します。
お目当ては、処分価格で売られている冬ファッションアイテムです。

2月は、まだまだ極寒の季節。
でも、ファッション界はすっかり春服の話題で盛り上がっています。
その影響で、冬用のアイテムが破格の値段で売られているのです。
おまけに、ネット通販はもともと若干値下げされている事が多いので、余計にお得です(笑)

強いて難点を挙げるならば、トレンドのアイテムはあまり狙えない事。
今年でいえば、スーパーロングのアウターやミモレスカートでしょうか。
どちらも、今はまだあちこちで見かけるアイテムですが、来年の今頃もトレンドになっているという保証はないですよね。
ミモレスカートは生地やデザイン次第で春も穿けるかもしれませんが、スーパーロングのアウターはあと1ヶ月もすればお役御免になっていそうです。

なので、この時期に購入する冬ファッションアイテムは、たいてい流行り廃りなく着られそうなもの。
たとえばブーツは、なるべくシンプルなデザイン・シルエットのものを選びます。
アウターは、永遠の定番であるトレンチコートが狙い目です。
ニットの衣類も、よほど独特なデザインでもない限りはあまり流行に左右されないので、シンプルなデザインを中心に購入しています。

先日は、白のトレンチコートと黒のシンプルなロングブーツを注文しました。
届くのが楽しみです!

ちなみに、季節の変わり目であれば冬以外でもお得に買い物できるので、通販サイトのお世話になる事は多いです。

お気に入りだったショップで最後のお買い物

ちょこちょこ利用していた某ブランドのショップが、残念ながら閉店してしまいました。
正直、お世辞にもプチプラとは言えなかったのですが、とてもかわいいアイテムばかりでお気に入りだったのです。
次に最寄りとなったショップは電車を乗り継いで30分以上かかる場所ですし、何より顔馴染みの店員さんもいたのでとても残念です。

閉店当日、幸いにも仕事の休みが被ったので、最後のお買い物に行ってきました。
最終処分セールというだけあって、物によってはなんと80%OFFという破格のアイテムもありました。
以前から狙っていたけれど、定価だと5桁だった黒のシックなワンピも半額で購入する事ができました。

もともと、友人の結婚式二次会パーティー用の服や小物類が欲しかったので、ここぞとばかりに一式購入しちゃいました(笑)
ワンピ・ボレロ・バッグ・パンプス・バレッタ・ネックレスの6点購入で、18000円少々でした。
これらのアイテム、すべて定価で買った場合は3万オーバーになります。
1万円以上も安く購入できたので、とてもお得でした。

そして、よくコーデのアドバイスをくれた店員さんに最後のご挨拶をしてきました。
私がそのショップを利用し始めた頃からずっと勤務していたその店員さんも、閉店を機に転職するとの事でした。
お会いできる機会はほとんどなくて寂しいのですが、これまでいただいてきたアドバイスは、私のファッションに生かされています。
私も、あの店員さんのようにファッションセンスも人柄も磨いていきたいです。

2015年も初売りでスタート!

今年も、新年初売りセールに行ってきました!
すっかり乗り遅れてしまったために福袋は逃してしまいましたが、その分セールで安くなっている服を買う事にしました。
普段はあまり大量に買う事はないけれど、たまにはこうして大人買いするのも楽しいですよね。

おかげで、以前から欲しいと思っていたアイテムはすべて定価よりも安くゲットできました。
人気商品ゆえ、店頭から消えていたアイテムもあったのですが、初売りでは再入荷されていました!
そう考えると、「まだちょっと高いなぁ……」と購入をためらっていたあの時の判断は正しかったのかもしれません(笑)

福袋は最高で10000円だったので、それとほぼ同額くらいの服や小物を購入しました。
基本的に1点や2点くらいしか購入しない私にとって、一度に8点も購入したのはかなり大きな買い物だったんですよ~!
内訳は、ワンピ2着、Tシャツ3着、スカート・バッグ・パンプスが1点ずつでした。
バッグとパンプスは一目惚れだったのですが、他のアイテムは販売開始の頃からずっと狙っていたものだったので大満足です。

ワンピの片方とバッグは、昨日のコーデに取り入れてみました。
ワンピはストラップのノースリーブなので、インナーを変えれば季節問わず着られます。
ピンクのチェック柄だけどスモークカラーなので、春夏はもちろん秋冬コーデも華やかにまとまります。
バッグも、ブラウンのレザー生地でとてもシンプルなデザインなので、コーデを選ばず使える便利アイテムです。

新しい服や小物類と共に、新鮮な気分で2015年のスタートを切れました。

ガーリーなコートを購入したけれど……

もう何年も前の話なんですが、ちょっとかわいい感じのコートを購入しました。
スモークピンクで、ガーリーだけど落ち着きのあるデザインに惹かれました。
強いていえば、コートにしてはかなり薄手だったので、すでに真冬となっていたその時期にはちょっと寒いとは思いました。
なので、「来年の初冬くらいになったら着ようかな」と思ってその場で購入を決めたのです。
ちょうどセール中で20%OFFというお得な値段だったのも、購入した理由の1つです。

しかし、翌年の初冬になっても着る機会は訪れませんでした。
というのも、一度も着ないまま他の衣類と共にクローゼットに放置していた事を忘れてしまったのです(笑)
結局その冬も、次の年以降も同じアウターで過ごしていました。

そのコートの存在を思い出したのは、なんと去年の今頃だったのです……。
クローゼットの中身を整理している時に見つけて、購入した記憶も確かにありました。
でも、購入当時の年齢ならいいとして、さすがにこの年代ともなるとあまりにもかわいすぎて少々抵抗があります。
シンプルなデザインであれば問題なく着られたのでしょうけど、ところどころにフリルやリボンがついているガーリー全開なデザインなのです。
最初は何とかして着てみようと思ったのですが、手持ちの服だと全体的に若々しくなりすぎるか、コートだけ浮いてしまって違和感があります。

結局、その後も着る機会がないまま現在もクローゼットの中にいます。
すぐに着る機会がない服を深く考えずに購入するのは気をつけなければ……と痛感しました。

夫婦で青文字系でした

私は昔……とは言っても結婚する前、約4年程前までは露骨なROCKスタイルをしていました。髪の毛も赤に染めたり白に染めたり、カラコンを入れて鋲のついたバングルをして……と、本当激しかったです。
しかし私の主人もかなりのメタラーなので昔は本当に似たような恰好をしていました。
よく着ていたブランドというと、BLACK PEACE NOWやアルゴンキン、アイアンフィストやセクシーダイナマイトロンドンなどなど……。
そんな恰好をしていて親も目が慣れていた所為か、付き合ってた頃の主人を連れてきても親は全くびっくりする事もなくお似合いじゃないの! なんて言っていた事を思い出します。本当親が寛容で良かったななんて思いますね。
互いの過去を知る友人によくこう言われます。ハードコア夫婦と。まるで現代のシド&ナンシーと。もしも親になったならROCKの申し子のサラブレッドが生まれるなんて言われています。

……けれどいくら数年前まで威圧系なロックンロラーだとしてもやっぱり、もう30も近いので世間体も気になるもの。
ご近所さん付き合いや地域行事にも頻繁に参加しているので髪も昔ほど派手さもなく今はカジュアルな恰好をしています。
最近近隣のGUなんかで一緒に買い物をしていますが、その時の名残か白地に黒英文字で「ROCKIN!」なんて書かれたROCK Tシャツ未だに購入しちゃいますね(笑)
やはり長い期間そのようなファッションをしていたのもあってなかなか抜けきらない部分ってありますが、次第に大人しく、大人しく……素敵に歳を重ねて若かりし日は「父さんと母さん昔ヤンチャだったのよ」なんて子供に言って懐かしむようになれたらいいななんていう風に思います。

気づけば仕事着ばかり!

ふと気がついたのですが、最近購入している服はどれもシンプルかつ安い値段のものばかりです。
もちろん、シンプルな服は着回ししやすいですし高いブランド品にこだわりすぎるよりはいいと思うのです。
私の場合、比較的ゆるい軽作業系の仕事をしているので、よりそういった服ばかり買ってしまう傾向にあります。
しかも、規定の都合上動きやすいTシャツ・ポロシャツ・ジーンズ・チノパン以外は着ていけないので、似たような服でタンスが埋め尽くされてしまっています。

なので、普段着用の収納スペースが限られてしまい、新しく買い足す事をためらってしまいます。
一応、小さなラックを買ってきてそこに入れているのですが、やっぱりちょっと物足りないです。
友人たちとお茶をする時も大抵同じ服装なので、もしかしたら「またあの服着てる……」なんて思われているのかもしれません。

いろいろ考えた結果、私の場合「仕事用に買った服は仕事以外では着ない」という妙なこだわりがある事に気づきました。
仕事用の服でも、普段のおしゃれ着として兼用できるものはたくさんあるので、それらを生かしたコーデをあれやこれやと考えてみました。
最初に書いたとおりシンプルなデザインのものばかりなので、合わせるアイテムの系統を選びません。

ただ、これからはシンプルなものだけではなく柄入りなどデザイン性がある服も買い足すつもりです。
よほど派手なデザインでもない限り仕事にも着ていけるので、「同じ服装」から少しずつ脱却していこうと思っています。

父から言われた一言

今流行りのクラッチバッグですが、どうも親世代からはただのセカンドバッグにみえるよう。
私が友達と出かけようとしたところ、「あれ~、どうした?何でお父さんのセカンドバッグ持っていくんだ?」と。
「え?セカンドバッグ」と一瞬凍りつきました。
「お父さんよく見てよ!これ私のクラッチバッグ!!」とちょっと怒り口調で言いながら足早に出かけました。
同じ茶色のバッグでもセカンドバッグはひどすぎますよね~。
やっぱり、あの世代からはそうみえてしまうものなのでしょうか。
私の持っているクラッチバッグはめちゃくちゃかわいいのに、それ以来ちょっと持つことに抵抗があります。
もしかしたら何であんなの小脇に抱えているんだ?!なんてコソコソと誰かに言われていたらショックです。
モデルさんやタレントさんなら絶対持っているし、おしゃれ女子ならかわいい♡と誰もが認めてくれますよね。
ところで、クラッチバッグですが、収納力はいまいちです。
私、いつも荷物がけっこう多いほうで、スマホ、財布、鍵、ティッシュ、化粧ポーチ、小さなお菓子などなどたくさん詰めこむタイプ。
だから正直いって入りません。
無理やり押し込むと型崩れしてしまうし…。
そろそろキューブ型のバッグに変えようかと思っています。

ファッションと防寒を両立したい

冬になると、ファッションにもある程度の寒さ対策が必要になりますよね。
見た目を優先しすぎるあまり、寒すぎて長時間外にいられない……なんて意味がないですもんね。
でも、暖かさを優先しすぎてもこもこの着膨れ状態というのもかっこ悪いかなぁ、と思います。
なので、「いかにしてファッションと暖かさを両立させるか」が私にとっての冬ファッションのテーマです。

数多く存在している冬服の中でも、やはりニットやツイードといった暖かい生地のものは手放せません。
ツイード生地を使用している服はほとんどアウターかボトムなので特に問題はありませんが、ニットの質感はかなり重視して選びます。
選ぶ時のポイントは、素肌に触れた時にチクチク感が気にならないかというところです。
ニットのセーターなどの下には、薄手のカットソーなどを合わせる人が多いと思います。
私の場合、気温が氷点下になるような日はそのようなコーデも着ていますが、基本的にはキャミを合わせています。
比較的コンパクトなシルエットのニットならキャミ、大きくゆったりしたシルエットのニットはカットソーなどと合わせる時専用という具合になっています。

足元は、すっきりしたブーティがメインです。
特にパンツコーデやロングスカートを穿いている日は、足元が重い雰囲気にならないようにします。
ワンピを着る時のみロングブーツを合わせますが、元々の好みもありジョッキーブーツのようなかっちりしたシルエットのものを愛用しています。

着回し力抜群のニットワンピ

今年のお正月のセールで購入したニットワンピは、とても気に入っています。
ゆったりしているけどぶかぶかというわけではなく、ちょうどいいゆるさです。
さらに、ニットだけどあまりちくちくしていないので着心地も最高です。
Vネックなので顔周りもすっきりして見えます。

特に気に入ったのは、着回しがしやすいところです。
柄もパーツもないシンプルなデザインなので、コーデを選びません。
色はピンクと白で迷った末に白を選んだのですが、これが大正解でした。

ピンクだとフェミニンな印象が強くなりますが、白だと他に合わせるアイテム次第でいくらでも雰囲気が変えられます。
甘めのコーデがしたい時は、ワンピと同じ丈のコートとロングブーツを合わせてガーリーなコーデにしています。
反対にカジュアルなコーデでまとめたい時は、ロングパーカーやスキニージーンズを合わせています。
足元はスキニージーンズに合わせたショートブーツを合わせる事が多いです。

どちらかというと普通にワンピとして着る事が多いですが、丈がひざ上なので個人的にタイツ・レギンス等は欠かせません。
ワンピがシンプルな分、タイツなどで変化をつけるようにしています。
たとえば、冬らしくアーガイル柄のタイツを合わせたり、さまざまな色のタイツを合わせてワンピとのバランスを調節しています。
ニットワンピのコーデは彼や友人からも好評なので、今年もお世話になる予定です。
もうそろそろ、新しいニットワンピを追加しようかなと思っています。

ヒートテックのTシャツは重宝しています

私は、自宅では厚着をしたくないタイプです。
外出先は服装に気を遣っていますが、自宅にいる間は楽なスタイルで落ち着きたいのです。
真冬であってもTシャツとジーパンというスタイルが当たり前になっています。
今の時代は暖房というものがあるので、そんな「薄着」でもある程度普通に過ごせています。
しかし、真冬になって冷え込みが厳しくなってくると、暖房だけでは追いつかないという事もあります。
そういう時は、さすがの私も楽ちんスタイルより暖かさを優先します。

個人的に重宝しているのは、ヒートテックのTシャツです。
普通のTシャツとヒートテックのTシャツを着ている時では、明らかに暖かさが違います。
ユニクロやGUなどで安く買えるので、ヘビロテ確実の真冬には手放せない状態です。
ヒートテックのインナーの上にTシャツや薄手のセーターなどを合わせれば、暖かいですし無理に厚着する必要もなくなります。

ヒートテックのTシャツは、自宅だけではなくお出かけ時にも重宝しています。
当たり前ですが、外に出ると寒くてたまりませんよね。
「真冬でもコーデには気を遣いたい!でも寒いのもちょっと……」という時こそ、ヒートテックの出番です。
ヒートテックのTシャツは、さまざまなトップスやワンピのインナーとしても優秀です。
かなり着回しているので、常にストックを用意してあります。

残暑の時期も終わり、一気に気温が低くなってきました。
もうそろそろ、寒さ対策のためにヒートテックの服を出してこようと思います。